尾州とは

中外国島は尾州(びしゅう)産地にあります。

尾州とは、愛知県一宮市を中心とした一帯に広がる毛織物の産地です。
国内の毛織物生産高の80%を占め、今も世界の有力メゾンに多数採用されていますが、一般の方には知名度が低いかもしれません。

隆盛の時代からすると生産量が激減した現在でもなお、産地には大小の工場が多数集積しており、それぞれの専門を分業協力して生産する構造が出来ています。
自ら生産販売する親機(おやばた)を中心に、その仕事を請け負う子機(こばた)、糸加工や染色、修正、整理などのさまざまな工程を担う専門工場が、魅力的な素材を開発し続けています。

近年、日本製や地場産業への再注目もある一方、高齢化など存続が危ぶまれているのも現実ですが、この尾州産地の存続がなければ、中外国島のものづくりもままなりません。
尾州で最も古いメーカーとして、今後も産地と共生し、産地に尽力していきたいと考えています。

尾州産地の優位性

高度な技術

規模も専門も多種多様な工場が地域に集まり、得意な織物や加工に特化して、それぞれに特徴ある素材や技術を提供しています。

商品の多様性

特徴ある多数の加工場に加え、さまざまな糸の組み合わせにも挑戦し、親機は相互に切磋琢磨しています。産地をあげて多様な生地を企画生産できるのです。

日本一の軟水

毛織物の柔らかな風合いを生み出すのに、使用する水の硬度は低ければ低いほど有利です。
軟水の国・日本の中でも木曽川の水の硬度は特に低く、かつ産業用途に十分な水量をもっています。